<紀州熊野合気会の理念>

合気道の理念

 紀州熊野合気会は、合気道開祖 植芝盛平翁先生が説かれた「合気道は愛であり、大宇宙と一体となって世界平和を築いていく道である」或は「合気道は真人養成の道である」、「合気道は顕・幽・神 三界を和と統一で結ぶ御技である」等々、開祖の御教えを高らかに掲げ、合気道を通じて魂(たましい)・心(こころ)・身(からだ)の鍛錬練磨の修行を目的とする会であり、開祖の理念を掲げて歩んでこられた引土道雄先生をはじめ、多くの合気道の諸先輩方々の意志を引き継いで歩もうとする合気道愛好の同志が集う会です。 従って私たち当会の合気道愛好の同志は、開祖 植芝盛平翁先生の御教えを探求し、神を敬い、植芝家を護り、それぞれの個性や使命を尊重してお互いに感謝・敬愛・尊敬の念をもって共に合気道の修行に励むことを旨とし、各々師範・先輩方の技や指導方法の違いを指摘して排除する排他的な行動・言動を慎み、各人がそれぞれの人生において歩む道がより豊穣となることを願うものです。

更新情報

2016/10/07 ウェブサイトを開設しました。
2016/04/26 Google+ページ・Facebookページを開設しました。

Google+ Facebook

ページトップ